abilheater

薄幕ヒーター(ABILヒーター)

驚異的な省エネ・シンプル高信頼性・瞬時応答性・制御が容易

従来の発熱方法と違い瞬時に発熱するので効率よく、かつ省エネで環境にも優しいのが、ABILヒーターです。
使用場所は普段の生活から農業、食品加工、家電製品など様々な場所で活躍します。
これからますます使用範囲が広がると予想されるABILヒーターは次世代商品と呼べるでしょう。
(右の写真は電源ONにて約2秒後に数百度の温度上昇したユニットの事例です。)

ABIL発熱体の特徴

1.基本特性:電圧に比例した温度制御可能(コントロールがシンプル)
 ヒータ―線の長さに反比例した温度特性(同じ電圧で距離を長くすれば温度は低くなります。)
2.大幅な節電

従来の発熱素材と比較し、40%~60%の節電効果があります。
素材比較だけでも大きな差がありますが、製品によっては60%以上の節約になる場合もあります。

縦軸:W  横軸:℃

生ステンレス(青色:生材)との比較…縦軸:電力W   横軸:温度℃

ABIL発熱体は、500度の発熱に400W弱電力がかかりますが、生のステンレスヒーターですと600W弱電力がかかります。さらに550Wで600度に達するABIRヒーターに対し生のステンレスヒーターは、1000W位必要になります。

2.遠赤外線放射

遠赤外線によって対象物を直接暖めることが可能。
遠赤外線が他の熱源と比較し大量に出るステンレス素材を使用しています。ステンレスの出す遠赤外線波長は、4~10ミクロン。生物の育成光線波長が、8~15ミクロンといわれていますから、理想に近い遠赤が出ていると考えられます。

遠赤外線は、有機物に吸収されます。(無機物には吸収されにくい光線です。)有機物と水が吸収する波長は、3~12ミクロン。従いABILヒーターは、人や植物などを効率よく直接放射熱で温めるということができます。
遠赤外線は、ジュールの法則から外れる熱ですからABILヒーターは、一般熱源より効率よく熱を与えることが可能です。遠赤が植物や人間を直接温めるので室温を温める必要が少なく、植物の生育増進、室温の低いエコハウスなども可能になりました。

3.高温度の使用が可能

長時間にわたる高温(750度程度)での使用も可能である。
高温でのステンレス素材使用はクロムが酸化し劣化が激しいものですが、ABILヒーターは特殊加工(特許出願中)で酸化しにくく、劣化しにくい素材となっています。
高温での使用は温度コントロールが難しいのですが、ABILヒーターは定格温度で働きますから安心して長時間使えます。劣化しにくい高温使用素材でシーズヒーターにしなくてもABILヒーターで煙などの処理が簡単にできます。

4.発熱体の昇温、冷却が瞬間的

昇温は発熱体の長さ100mでも1秒。冷却も数秒。750度まで達する時間が1秒以下で、シーズヒーター等に比べ効率よく熱源としての使用が可能です。
          交流・直流のどちらでも対応し、電圧に比例した温度上昇が即時に得られますので
シーズヒータのようにサーモスタットによるON/OFF時のドリフトでの温度ムラが無くなり、制御がシンプルになり非常に使い易いヒータになります。

5.温度ムラがない

発熱体のどの位置であっても温度が一定。
ABILヒーターはどの部分でも同じ温度の発熱をします。一部が高熱になることもありません。さらに発熱体の一部の熱が奪われても他の部分の発熱は変化しません。
熱のキャッチボールが上手な素材です。

6.温度調整が安定

印加電圧、ヒータの長さ、ヒーターの幅またヒーターの厚みで温度が変わりますのでそれぞれのニーズに合った仕様で使えます。最終的な細かい温度コントロールは電圧制御となります。±2度での温度設定が可能。
電気による発熱のコントロールは、今まで難しいものがありました。決定する温度は、30度から750度まで±2~3度で可能です。

7.交流、直流どちらも使用可能

電力量が同じであれば、発熱量も同じである。
交流でも直流でも電圧が同じであれば同じ温度を発熱します。従い、バッテリーの使用、太陽光発電、風力発電、水力発電などと一般電力との共用が可能です。

使用場所

 

自然(寒冷・雪など)用

シートヒータ類、パネル型ヒータ、床マット・融雪マット更にはソーラー発電パネルの雪解け用など、及び温風機関連など。
寒冷地の水道管の破裂防止用などは農業用シリコンヒータにより簡単に施工できます。

農業分野(シリコンヒータ利用)

シリコンコーテイングしたヒータを利用して耐候性及び耐水性向上し、ダイレクトに地中に埋め込んだり、菊の育苗用パレットの下部からの加温により発育促進等の実績も有ります。特に苗床の加温にはこのシリコンヒータ―が有効になります。
冬場には枯れる高麗芝の100㎜下から加温ししばふの緑化実験にも成功しました。これらの実証により植物の根にある程度の加温を施すことによる発育促進が見受けられ省エネにも貢献できると確信しております。
更には冬場の水道管に巻き付ければ簡単に凍結防止が可能にもなります。シリコンヒータは取扱い易く様々な用途に使用できる物です。


従来方式の重油式加温装置のランニングコス低減・省エネ効果が非常に大きく、信頼性も高く、フレキシビリテイな商品です。

レジャー向け応用

パイプヒータなどでプール・温泉の温度制御やマットヒータでゴルフ場の冬場グリーン管理他。

 

家電用

各種暖房器具(床暖)、壁暖・放射熱応用、炊飯器・湯沸等調理器具、アイロン・ドライヤー類他、自販機応用など。

食品加工脱・IH

遠赤外線応用、無煙魚・肉焼き、トースター、発酵食品へ応用。
瞬間高温の特長を生かしおいしい調理も可能です。
※更には殺菌効果もあります

産業用

従来の面状型ヒーター、シーズ・パイプヒーター、スポットヒーター類、金型(樹脂・ゴム用など)ヒータなどへの応用で生産性大幅向上します。特徴は末端の温度管理用にうまく使えば品質向上(不良品ロス低減)に繋がります。
※省エネ効果も大きいです

 

インフラ用

道路・建築など、ロードヒータなど。
信号機の(LED化による需要増)寒冷地向け融雪や同様に太陽光パネルの融雪対策で発電量の大幅増加なども望める。

焼成用

高温ヒーター、ダイオキシン・煙・臭い対策、発電所・PM2.5対策など、加熱水蒸気処理分野、無公害煙突技術など。
※省エネ効果が大きいです

車載用

シートヒータの高応答性など加熱技術応用、更なる低燃費(冬場の燃費向上)技術応用など

寒冷地仕様のバッテリーの寿命延長⇒結果燃費向上

その他

急加熱・急冷却ニーズ用、医療機器(手術用ヒータ)応用など。また180℃以下の加温にはシリコンヒータが有効であり、取扱い易さや安全性にも優れた商品で応用範囲は様々である。

特徴
水質改善商品
会社案内